スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ダンドク




こんにちは、星のカリンです。

きょうは、ダンドクの花を紹介します

ダンドク カンナ科 カンナ属 南米原産

ダンドクはカンナの原種で、花は細く赤い花を咲かせます

実も独特の形をしています^^



ダンドク1





ダンドク2





ダンドク3




下の写真はカンナです。カンナも多種類ありますが

写真のカンナは原種の模様を残しています。

でも外観はかなり違いますね^^


カンナ





    ランキングに参加しています応援して頂くととても喜びます^^


スポンサーサイト
[ 2010/07/02 21:00 ] | TB(-) | CM(2)

花の名前を見て、一瞬毒をもった花かと思ってしまいました。(失礼!)
サンスクリット語だそうですね。お釈迦様の足元にも咲いていたのでしょうか。

ネットで検索したら、色々な画像が出てきましたが、この記事の写真が色鮮やかで一番きれいでした。

先日のシャスターデージーは、線香花火の点け始めの火花に似ていると思っていましたが、この花は線香花火では、終わりの頃のしだれ柳に近くなってきた火花を連想します。
と言うより、こんな感じでもっと大型の、手に持つ花火があったような気がします。

カンナより、私はこちらの方が、野の花のようで好きです。(^.^)
[ 2010/07/03 21:25 ] [ 編集 ]

うさねこ369 さんへ

うさねこ369さんこんばんは^^

> 花の名前を見て、一瞬毒をもった花かと思ってしまいました。(失礼!)

段毒ですか?(笑)変換したときなぜか一番最初に出てくる漢字です^^

> サンスクリット語だそうですね。お釈迦様の足元にも咲いていたのでしょうか。
>
花の歴史にも色々ありますね南米からインドを経由して日本へ

名前にもその花のすごした歴史が刻まれていたり・・・

> ネットで検索したら、色々な画像が出てきましたが、この記事の写真が色鮮やかで一番きれいでした。
>
有難うございます^^嬉しいです~~~♪

> 先日のシャスターデージーは、線香花火の点け始めの火花に似ていると思っていましたが、この花は線香花火では、終わりの頃のしだれ柳に近くなってきた火花を連想します。
> と言うより、こんな感じでもっと大型の、手に持つ花火があったような気がします。
>
> カンナより、私はこちらの方が、野の花のようで好きです。(^.^)

カンナは大型でとても派手なお花に変身しましたからね

人により好き好きはありますが,私もダンドクのほうが可愛らしくて良いかも(o^。^o)


[ 2010/07/04 21:15 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。